現在位置の階層

  1. トップ
  2. ニュース
  3. PICK UP
  4. ボツコピー供養祭2021

ボツコピー供養祭2021

PICK UP

更新

ページ内目次

ボツコピー供養祭2021

北海道在住の現役コピーライター、CMプランナーなど、広告、販売促進に関するコピーライティングを主たる業務としている会員によって運営されている団体「札幌コピーライターズクラブ(通称:SCC)」が毎年開催している面白いイベントがあります。その名も「ボツコピー供養祭」
  • ボツコピー供養祭告知ポスター
Sapporo Community FileでSCCを取り上げた際にも話題にのぼっていたボツコピー供養祭は2004年から毎年開催されており、仕事で採用されず浮かばれなかったコピー原稿やデザインラフ、コンテ、企画書などを参加者が持ち寄り、神社にて供養するイベントです。

例年であれば参加者がボツコピーを持ち寄って神社に集まり全員で供養に立ち会った後、会場を変えて懇親会を開催します。1年の活動の中で世に出ないまま終わってしまったアイデア達を供養するとともに、新しい1年を歩きだす節目とも言えるイベントでした。しかし新型コロナウィルス感染症の影響で大人数で集まることが難しい状態となったため、昨年より運営委員数名が代表して供養を行う形で実施を続けています。
  • 札幌三吉神社の写真

    例年会場となる札幌三吉神社

  • 昨年の供養祭実施時に神社からもらった御札と封筒

    封筒に入れられたボツコピーの束と昨年の供養祭実施時に神社からもらった御札

参加者が自分のボツを事務局にメールで送付。事務局は内容については一切見ないまま印刷して封入。その封筒は神主さんの手へと渡ります。
  • 神主さんを待つ4人
いよいよ供養開始です。てっきりお焚き上げ的なものかな?と思ったりしていたのですが、神社本殿へ移動。やや時間を置いて神主さんが封筒とともに登場し祝詞の奏上がはじまりました。コロナ禍ではなければ参加者が一同に介して行うそうですが、今回は運営委員のみのご祈祷のせいか、なぜだかより厳粛な空気に包まれていました。
  • 供養を見守るSCCの4人
  • 祈祷終了の記念撮影

    ご祈祷終了後、新しい御札を頂き記念撮影

クリエイティブなものづくりは、採用された1点が表に発表され多くの人の目に触れますが、その裏では本当にたくさんのボツが生まれては消えていきます。その中には、自分的にもどうかと思うボツもあれば、クライアントには通らなかったけど自信作だったものなど様々なボツがあります。皆さんの手元にも浮かばれなかったアイデアたちがハードディスクの肥やしになってるのではないでしょうか。

年に1度、そういったボツの数々を供養して、気持ちを新たに仕事へ挑むきっかけを作ってくれるボツコピー供養祭。次回は是非参加してみてはいかがでしょうか。