ICC -インタークロス・クリエイティブ・センター-



Pick Up !

  • 平成28年度「コンテンツ活用促進事業費補助金」申請者募集並びに『公募説明会』開催のお知らせ
  • 新規クリエイター登録募集中!
  • 新規プロジェクト申請

Feature

現在位置の階層

  1. HOME
  2. Feature
  3. Archive
  4. キャンドル作家 福井 優子さん

キャンドル作家 福井 優子さん

【北海道新聞掲載記事】
代表作は『札幌スタイル』の認証も受けている「フロストピラー」。
生まれ育った札幌の冬の空気感を再現した。
キャンドル作家・福井優子さん(34)の手にかかると、
キャンドルは灯り以上の存在感を持ち、やさしく辺りを照らし出す。
屋号は「一歩前へ」を意味するProgressive Candle。
「ロウはもっと自由になれる素材」。果てなき可能性を見つめる。

fukuisan-2.JPG



冷涼な北国の美しさをキャンドルで表現

2009年11月末日、個展会場の「石の蔵ぎゃらりぃ はやし」を訪ねると、「こんにちは」、鮮やかなブルーのストールをまとった福井さんが笑顔で迎えてくれた(現在個展は終了)。

白い壁には代表作の「フロストピラー」が連なり、雪国の象徴でもあるつららか、あるいは雪解け時に屋根からしたたり落ちる雫を連想させた。

この“冬の空気感”こそがキャンドル作家・福井優子さんの世界。
ぬくもりをもたらすキャンドルに、冷涼かつ研ぎすまされた冬の美しさを融合させる斬新な手法で独自の世界観を構築する。

2001年から「Progressive Candle」として活動を開始するも、最初は手作りマーケットやキャンドル教室で宣伝する地道な日々を送った。大きく変わったのは2006年。作家仲間でサンドアートを手がける村井隆之さんの仲介で『札幌スタイル』の作品公募を知り、フロストピラーで応募した。書類審査とプレゼンに合格したその認証が、福井さんを一気に北海道を代表するキャンドル作家へと成長させた。

「『札幌スタイル』以降、より明確にプロ意識を持つようになりました。キャンドルが自分の手から離れていろんなお客様の元に旅立っていく。その先先で“また使いたい”と思っていただけるように品質維持はもちろんのこと、心をこめて作っています」

fukuisan-c.JPG
ファンも多い「フロストピラー」1個1.890円(税込み)。
「個人的には下段真ん中の“濃紺に白のライン”がお気に入りです」と福井さん。
fukuisan-a.JPG
「石の蔵ぎゃらりぃ はやし」2階の個展会場。
身近に感じてもらうためのキャンドル教室も開催した。



ロウだれせず、最後の一瞬まで美しく

札幌生まれの札幌育ち。趣味のキャンドル集めが高じて作り手になった。
21歳のときに当時サッポロファクトリーにあったキャンドル工房に“おしかけ応募”したところ、運良くスタッフの退職と重なり即採用。一日中キャンドル作りに没頭した。

キャンドルの基本的な作り方は溶かしたパラフィンワックスを芯と一緒に型に流し込み、固まったら完成。着色や香りづけは溶かす段階での作業だが、重ねる・埋め込むなどの加工は固まりかけの絶妙なタイミングを狙って行われる。
「そこを逃すとまた溶かして一からやり直し。慣れてくると固まりかけの風合いを見ただけでわかるようになってきます」。

26歳で独立し、2つの目標を掲げた。
「札幌の冬の空気感をキャンドルの中に閉じ込める」、そして「ロウだれしないキャンドルを作ること」。終盤のロウだれは興ざめがするし、受け皿の後始末も大変だ。ロウだれせず最後まで美しく燃え続けるキャンドルに最適の形、芯の太さを模索した。

テスト燃焼を何度となく繰り返し、とうとう“ロウだれが少なく6時間燃焼する”フロストピラーを完成させたときは「どこに出しても通用するキャンドルを創り上げた」という確信を持った。

札幌育ちの視点が生んだ優美なデザインと、繊細な手仕事が可能にした高い技術力。両者を併せ持つフロストピラーが出来たのは2000年のこと。のちに『札幌スタイル』の話が舞い込んだとき、福井さんは迷わずこの自信作の名を応募書類に書き込んだ。

fukuisan-f.JPG
ロウだれしないことでインテリアとしても気軽に使える福井キャンドル。

fukuisan-d.JPG
わずか5〜6mmの薄さのカップ型に穴が開かない限界まで透かし模様を掘り込んだもの。
手仕事の美が宿る。



新たな代表作の予感「氷の蝶キャンドル」

フロストピラーが『札幌スタイル』に認証された後の反響は本人も驚くほど。
新千歳空港のショップで見かけた観光客から「北海道の雰囲気をそのまま部屋に飾りたいから」と20本の大量注文が入った。感激した福井さんは20本全て違う模様のピラーを作って納品した。現在、JRタワー展望室にある札幌スタイルショップでは多い月で100本近くの売上を見せている。

「特に嬉しいのは贈り物に使っていただいたとき。自分の作品が“人にあげたい”と思われるなんて作り手冥利につきます」。

看板作品があっても足踏みはしない。個展では新作『氷の蝶キャンドル』を発表した。蝶の中心にある芯に火を灯した瞬間、見る者はあっと息を飲むだろう。蝶の影が同心円状に広がり、炎の揺らめきにあわせて幻想的に羽ばたく姿に魅せられる。

「まだ誰も見たことがないキャンドルの世界」を追いかける福井さんの実力が遺憾なく発揮された、新たな代表作となっていくに違いない。

fukuisan-e.JPG
新作「氷の蝶キャンドル」。
器に置いた場合約3時間、水に浮かべた場合3時間40分燃焼する。1個1,890円(税込み)。



養蜂家との出会いでミツロウにも挑戦

氷と雪を表現する福井さんが好んで使う青色は「福井ブルー」とも言われるが、個展会場では暖色系の作品も並んでいた。中でも注目は、初お目見えの黄色いミツロウキャンドル。細長いスティックタイプに白い模様をつけた繊細な作りが人目を引いた。

ミツロウはミツバチが巣を作るために分泌した天然ロウのこと。ハチミチを採った後の巣がそのまま原材料となる。「ミツバチ1匹の一生分で小さじ1杯程度と言われています」。

制作のきっかけは09年10月に作家仲間から中頓別町の西原養蜂園を紹介されたこと。素材提供を受けられる頼もしいパートナーが見つかった。

「ミツロウは通常のパラフィンワックスよりもすすが少なく、灯すとほのかな甘い香りが漂うので室内にピッタリ。私もまだ手がけたばかりなので、これからいろんなことを試していきたいです。西原さんとは、来年は蜂の巣を取って精製するところから一緒にやろうねと盛り上がっています」。
ミツロウという新たな素材を得たその目が輝いていた。

『札幌スタイル』という公的なブランド力でプロとしての足場を固めた。これからの作家人生を照らすのは、「どんなときでもキャンドルを作らずにはいられなかった」という当初から変わらぬ情熱。福井さんの心に灯るキャンドルは、強くやさしく燃え続ける。

fukuisan-g.JPG
蜂の巣から作られるミツロウキャンドル。
fukuisan-4.JPG
2010年には活動10年目を迎える。12/20(日曜)にはFMノースウェーブ主催のサッポロファクトリー手作り体験教室「親子で作ろう!Xmasスィーツキャンドル」を開催。11:00〜12:00と13:00〜14:00の各回10名限定で参加者を募集中。参加費無料。問合せはFMノースウェーブ(http://825.fm/northwave/)TEL011-707-9999まで。

 

BGM:渡辺崇(Junkan Production)

 

------------------------------------------------------------------------------
■Progressive Candle キャンドル作家 福井 優子
E-mail  candle@s2.dion.ne.jp

取材・文 佐藤優子 
blog「耳にバナナが」 http://mimibana.exblog.jp/
 

 

最終更新日:2009年12月17日