現在位置の階層

  1. トップ
  2. イベント
  3. 「ICCインディーズライブラリー:音楽談義VOL.1」『伝わる、響く音楽』~間違いもあるさ。それが味になるんだよ。~

「ICCインディーズライブラリー:音楽談義VOL.1」『伝わる、響く音楽』~間違いもあるさ。それが味になるんだよ。~

イベント

更新

インタークロス・クリエイティブ・センター(ICC)では、コンテンツ産業振興の一環として、札幌で活躍するクリエイターのビジネス基盤となるコミュニティの強化・再構築を目的に、主にインディーズ・ミュージシャンや映像作家のライブラリー構築を進めていく「インディーズ・ライブラリー」構想を掲げ、年間を通じて、音楽や映像、演技やパフォーマンス、デザインやアートなどの分野で活躍するインディペンデントな方々のコミュニティづくりを計画しております。2015年の第1弾は、『音楽談義vol-1』として、North Waveの朝の番組「Tuck’s Morning Radio」でおなじみのタック・ハーシーさんをゲストに、最近の活動や音楽の深い話を語っていただきます。インディーズで活動している方はもちろんの事、音楽に興味関心のある方は必見です。是非みなさま、お誘い合わせの上ご参加ください。

『伝わる、響く音楽』~間違いもあるさ。それが味になるんだよ~

Tuck Hersey氏から一言

「現在のレコーディングでは、Pro Toolsを使ってフレーム単位で音のタイミングを変えたり、差し替えたり、積極的に『完璧な音』に仕上げたものが多いですよね。一方60年代~70年代のレコーディングは、かなりアバウトな人間らしさを活かしたものが今より数多くあります。もちろん間違いのないことにこしたことはないんでしょうが、正確無比なことよりも、もっと大事なことが音楽ににはあるんではないか?それこそが「伝わる、響く」音楽の核なのではないか?ちょっ とした遊び心も含めて。例えばWarの "Why Can't We Be Friends" のイントロでは… おっと、ここから先は当日実際に音を聴きながら話しますね。お楽しみに!」
* 当日はソーラーパワーで音楽を聴きます。驚くほど混じり気のない骨太で繊細な「本来の音」を是非楽

画像集

  • リーフレットオモテ
  • リーフレットウラ

講師紹介

  • tuckhersey

ゲスト:Tuck Hersey (タック・ハーシー)氏
<プロフィール>
東京都中野区出身 1960年2月23日生まれ。10代からバンド活動にのめり込み、青山学院大学を卒業後CM音楽制作を手掛ける。1986年からDJとしての活動をスタートし、1993年FM NORTH WAVEの開局に合わせて札幌に移住。現在、選曲・構成・進行などを1人で手掛けるワンマンDJとして活躍中。自身のバンドを率いてライブを行なうミュージシャンでもある。現在の担当番組: FM North Wave (月曜日)~(金曜日) 6:00-9:00am Tuck’s Morning。 Radio Tuck Hersey’s Office代表。Website: http://www.tuckhersey.com

イベント概要

  • 日時:平成27年6月20日(土曜日)16:00~19:00 (受付開始15:30~)
  • 場所:インタークロス・クリエイティブ・センター (1Fクロスガーデン)
  • 参加費:無料
  • 定員:30名(先着順)
  • 申込方法:下の「申込フォーム」よりお申し込みください。
  • 参加申込締切り:平成27年6月19日(金曜日)まで

プログラム

  • 16:00~18:00
    • トークライブ(ゲスト:Tuch Hersey氏) 
  • 18:00~19:00
    • 交流会(ネットワーキング)

問合わせ先

インタークロス・クリエイティブ・センター 事務局

ICC事務局の受付・取扱時間は、9時から17時までとなっております。
(土曜日、日曜日、祝日は除きます。)

  • 住所:郵便番号003-0005 札幌市白石区東札幌5条1丁目1-1
  • 電話:011-817-8911
  • ファックス:011-817-8912
  • E-mail:info@icc-jp.com