現在位置の階層

  1. トップ
  2. イベント
  3. 水口哲也氏と語る、VR(仮想現実)の未来とクリエイティブ・ビジネス

水口哲也氏と語る、VR(仮想現実)の未来とクリエイティブ・ビジネス

イベント

更新

sozai

インタークロス・クリエイティブ・センターでは、クリエイティブ活動のビジネス化、コンテンツ、クリエイティブ産業の活性化を図ることを目的としたセミナーやワークショップ等を開催しております。
今回は、ICCエグゼクティブ・プロジェクト・リーダーでもあり、クリエイター、ゲームデザイナー、プロデューサーとして世界的にも第一線で活躍されている水口哲也氏をお迎えし、VR(仮想現実)や、音楽・映像を融合する共感覚的なメディア体験の世界など、最先端のクリエイティブビジネスに関するフォーラムを開催します。

「VR(仮想現実)の未来とクリエイティブ・ビジネス」~水口哲也さんとVRの未来とそのビジネスを語る~

2016年10月PlayStationVR®で発売予定のVRゲーム作品「Rez infinite」のプロデュースでも話題の、北海道出身で世界的に活躍するデジタル・イノヴェイター:水口哲也氏をゲストに迎え、VR(仮想現実)や、 音楽・映像を融合する共感覚的なメディア体験の世界など、最先端のクリエイティブビジネスに関するフォーラムを開催します。
IT関係、映像系、ゲーム系のクリエイターや企業、その他、学校、行政など、ジャンルを問わず、未来のイノベーションに関心のある方は是非ご参加ください。当日は、参加者を交えた意見交換会も行います。

【イベント概要】

日時:平成28年7月1日(金曜日)16:00-18:00(15:30開場)
会場:インタークロス・クリエイティブ・センター(1Fクロスガーデン)
対象:IT関係、クリエイター、映像系、ゲーム系、企業、学校、行政、その他、未来のイノベーションに関心のある方
定員:30名程度(参加費 無料)
申込方法:下記リンク先よりお申し込みください。
主催:(一財)さっぽろ産業振興財団(インタークロス・クリエイティブ・センター)
特別協力:No Maps実行委員会
ゲスト講師
  • mizuguchi
水口哲也氏
レゾネア代表 / 米国法人enhance games, CEO
慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科(Keio Media Design) 特任教授
ヴィデオゲーム、音楽、映像、アプリケーション設計など、共感覚的アプローチで創作活動を続けている。2001年、「Rez」を発表。その後、音楽の演奏感をもったパズルゲーム「ルミネス」(2004)、キネクトを用い指揮者のように操作しながら共感覚体験を可能にした「Child of Eden」(2010)、RezのVR拡張版である「Rez Infinite」(2016)など、独創性の高いゲーム作品を制作し続けている。2002年文化庁メディア芸術祭特別賞、Ars Electoronicaインタラクティヴアート部門名誉賞などを受賞(以上Rez)。2006年には全米プロデューサー協会(PGA)とHollywood Reporter誌が合同で選ぶ「Digital 50」(世界のデジタル・イノヴェイター50人)の1人に選出される。2007年文化庁メディア芸術祭エンターテインメント部門審査主査、2009年日本賞審査員、2010年芸術選奨選考審査員などを歴任。

問合わせ先

インタークロス・クリエイティブ・センター 事務局

ICC事務局の受付・取扱時間は、9時から17時までとなっております。
(土曜日、日曜日、祝日は除きます。)

  • 住所:郵便番号003-0005 札幌市白石区東札幌5条1丁目1-1
  • 電話:011-817-8911
  • ファックス:011-817-8912
  • E-mail:info@icc-jp.com