現在位置の階層

  1. トップ
  2. イベント
  3. 「ICC企画塾 vol.1~キカクをカタチに~」ワークショップ

「ICC企画塾 vol.1~キカクをカタチに~」ワークショップ

イベント

更新

フライヤー画像:ICC企画塾11月26日開催
魅力的な企画をどのように組み立てるか?
魅力的な企画(アイディア)を現実のカ・タ・チにする
ワークショップ型の企画塾。
多くのICCクリエーターの企画を実現に導いてきた企画立案の極意と
その実践的ノウハウを公開。
ワークショップ形式で、オリジナルな企画を自ら立ち上げていきます。

「ICC企画塾 vol.1~キカクをカタチに~」ワークショップ

何かをやりたい!
イベントなのか、事業なのか、展覧会なのか、商品企画なのか、
広告企画なのか、まちおこしなのか、映画企画か、音楽の企画か?
それらはすべて、アイディア(Idea)から生まれ、企画(Plan)として、
また事業計画(Business Plan)として、設計図があって初めて実行できるものである。
もちろん行き当たりばったりで、思わぬ発見のある研究開発的なこともあるが、
いざ実現に向けてプロジェクトをたちあげる時は、その設計図(企画書)なるものが必要となる。
世の中には「企画書の書き方」なるものはあまた存在するが、ここでは、そのような書き方論は行わない。
企画書のフォーマットは特にこだわらない。
本質的な企画の中身をどう詰めていくか。その一点にしぼっていく。内容はとてもシンプルだ。
ここで経験したことは様々な分野にも応用できる。
そのくらいにシンプルなことを90~120分の間に行っていきます。

「アイディアを形にする。」
シンプルで熱い、だけど深い。どんな職業、ポジションでも歓迎です。
企画塾に是非ご参加ください。マーケティング理論を超えた、実践的なワークショップです。

ワークショップ概要

日程:2015年11月26日(木曜日)
会場:インタークロス・クリエイティブ・センター(ICC)1Fクロスガーデン 
(札幌市白石区東札幌5条1丁目1-1)

タイムスケジュール:
  • 16時から16時30分:自己紹介・マーケティング基礎知識
  • 16時30分から18時:企画立案ワークショップ
  • 18時から19時:フリーディスカッション(交流会)
定員:20名(無料) ※定員になり次第締め切ります。
申込先:下記フォームよりお申し込みください。

講師紹介

久保 俊哉 (Toshiya Kubo)
  • メディア プロデューサー
  • 有限会社 マーヴェリック・クリエイティブ・ワークス 代表取締役プロデューサー
  • インタークロス・クリエイティブ・センター チーフコーディネーター
  • 株式会社 ビジュアル・ファーム 取締役プロデューサー
  • SAPPOROショートフェスト実行委員(札幌国際短編映画祭)プロデューサー
  • 札幌市立大学 大学院 デザイン研究科 講師
  • 藤女子大学 文化総合学科 講師
  • NPO法人 S-Air(サッポロ・アーティスト・イン・レジデンス)理事
  • 北海道日米協会 会員
略歴
1957年、小樽市生まれ。 日本大学芸術学部放送学科在学中、TV朝日にて淀川長治のアシスタントを務める。 その後農業の関連会社にて8年間貿易実務、貨物海上保険業務など、基幹産業を広く学ぶ。 その後広告代理店、外資系ゲーム会社、CGプロダクションを経て1998年4月独立。世界的にも新しい試みであるクリエイティブなインキュベーション施設である*インタークロス・クリエイティブ・センター<通称:ICC>のトータルプランニング、プロデュースを行う。 その後もICCチーフコーディネーターを務め、札幌市のクリエイティブ産業のプロデュースをおこなっている。 「sapporo ideas city」(札幌市)の企画立案、政策プランにも携わり、英国の”tomato”と一緒に都市ブランディングや、2006年、SAPPOROショートフェストを企画プロデュース、ディレクターを務める。英国で始まった「onedotzero(ワンドットゼロ)」などの映像祭も札幌でプロデュースし若手クリエーターと海外のネットワークを構築。マーケティング+コンピュータ+エンターテインメントを得意分野としながらも異分の農業や科学をも領域としている。 "Little Terra Project"(1997から2000)ではキャラクター・ライセンス・ビジネスなどの知的財産権のビジネスを展開。ウイルソン・タン Wilson Tang (ILMで「スターウォーズ」等のプロダクションデザインや、世界最大のゲーム会社であるEAにてシニア・ディレクターを務める)、や”BAKU"(イラストレーター)のエージェント&パーソナルマネージャーを務める。 他、札幌市立大学大学院デザイン研究科「メディアプロデュース特論」藤女子大文化総合学科「映像表現論」講師を務め、クリエイティブ関連のセミナーや講演、ワークショップなど教育分野を手がけている。

問合わせ先

インタークロス・クリエイティブ・センター 事務局

ICC事務局の受付・取扱時間は、9時から17時までとなっております。
(土曜日、日曜日、祝日は除きます。)

  • 住所:郵便番号003-0005 札幌市白石区東札幌5条1丁目1-1
  • 電話:011-817-8911
  • ファックス:011-817-8912
  • E-mail:info@icc-jp.com