現在位置の階層

  1. トップ
  2. イベント
  3. 「SMFコトバワークショップ2015」参加学生募集!(募集を終了いたしました)

「SMFコトバワークショップ2015」参加学生募集!(募集を終了いたしました)

イベント

更新

10月24日(土曜日)25日(日曜日)の2日間、札幌メディア・アート・フォーラム(SMF)による、学生とプロによる「コトバ・ワークショップ2015」を開催します。(雨天決行)

札幌メディア・アート・フォーラム(SMF)とは?
産学官の活動体として、情報文化学会北海道支部、行政(札幌市)、関連教育機関、現場のクリエイター、関連企業などと連携をとりながら、メディア・アート・デザインおよび産業の高度化、活性化に寄与する活動を展開しています。

SMF「コトバ・ワークショップ2015」

言えなかった無念より、
伝わらなかった残念の方が、
心に残る。


コトバと体験を活用した「アイデア発想」の場をつくる。

チームをつくってフィールドワーク。札幌を"コトバ化"していきます。
現役コピーライター6名がファシリテーターとなり、チーム活動をサポート。
「クリエイティブ活動による地域活性」「フィールドワークによる情報収集」「アイデア発想プロセス」などに興味がある学生は学部や専攻を問いませんので気軽にご参加ください。

【参加要項】

対象:2日間連続で参加できる学生(大学院・大学・短大・専門学校)
定員:30名程度(先着順・定員次第締切)→定員になりました。申込受付を終了いたします。
参加費:1,500円(交流パーティ代含む)
持ち物:筆記具
申込締切:10月16日(金曜日)

【スケジュール予定】

1日目(9:30集合/9:45スタート)
・オリエンテーション
↓チーム編成/テーマ・フィールドワークエリアの発表
・フィールドワーク(まちあるき)
↓歩き回ってアイデアのタネを探します。
・中間シェア
会場で情報の整理。視点や切り口を共有します。

2日目(9:30集合/9:45スタート)
・コンセプト&キャッチコピー制作
↓何を伝えるのか【what to say】 どう表現するのか【how to say】を考え、アイディアを”コトバ化”していきます。
・プレゼンテーション
↓チーム対抗ディベート・プレゼン。勝ち抜き戦で各賞を選出します。
・成績発表&交流パーティ

【ファシリテーター】

・池端宏介氏(コピーライター/クリエイティブディレクター/インプロバイド)
・遠藤誠之氏(アルファシリウス)
・讃良奈央子氏(コピーライター/電通北海道)
・東井崇氏(コピーライター/クリエイティブディレクター)
・長岡晋一郎氏(コピーライター/クリエイティブディレクター/北海道博報堂)
・三枝史子氏(コピーライター/ハラッパ主宰)

【申込方法】

参加申込書
●SMF事務担当宛へメールで申し込む場合
件名を「SMFコトバワークショップ参加申込」とし、本文に必要事項を入力し送信してください。
申込先:info@icc-jp.com

●各学校担当の先生へ申し込む場合
リーフレットに印刷されている「参加申込書」に必要事項を記入し担当教員へ渡してください。
※担当教員はフライヤーに記載されています。